電気分野を熟知する期待のホープは太陽光発電のスペシャリスト

Yosuke Ono 小野 陽介 太陽光管理部|勤続 1年|27歳

close

18ヵ所2,000kwの発電量を誇る太陽光発電を一手に管理

私の担当は現在当社が力を入れている太陽光発電事業です。クライアント企業が所有する18ヵ所の発電所の「メンテナンス」から「分析」までが主要な業務。メンテナンスでは、日々の巡回はもちろん、台風や落雷で破損した際など迅速な復旧にあたります。大雨で発電所の地盤が崩れることがあっても、当社の優秀な土木スタッフがすぐに対応できる。こうしたワンストップの対応は当社ならではの特長だと思います。

一方、分析とは、発電量の数値化などのデータ集計業務です。安定的な発電を把握するためにも数値化は重要です。当社ではトータルでおよそ2,000kwの発電量を管理していますが、停電・害獣・人的ミスに関わらず、万一発電がストップしてしまった場合、その間の日照機会は取り返せず、莫大な機会損失につながるため、発電停止は許されない。一見地味な業務ですが、責任は重大です。

日々進化する太陽光発電技術の最新トレンドをウォッチ

私は第一種電気工事士を取得していますが、電気を扱う業務なので配線図はもちろん、安全に関する知識は不可欠のため、この資格は必須ですね。前職では電気関係の最前線にいたので、太陽光発電業務でもその経験が活かされています。ただ、太陽光発電の業務は日照や天候といった自然が相手。自然を相手にどうすれば低コストで充実したサービスを提供できるか、日々模索しています。

九州でも有数の日照時間を誇る鹿屋では太陽光発電の需要は増えていますが、当社のように細やかなメンテナンスができる企業は少ないのが現状です。実は、太陽光発電の分野はまだまだ発展途上。日々技術が進化する状況のなか、常にアンテナを張って最新のトレンドを吸収していけるところにやりがいを感じています。ただ何よりも、緊急時に迅速に対応を差し上げて、お客様から感謝されることが、一番うれしいですね。

小野 陽介 座右の銘

ピンチはチャンス

取得資格

  • ・第一種電気工事士
  • ・危険物取扱者・甲種・第4類
  • ・玉掛け
  • ・高所作業車運転
  • 全4資格

担当業務
建物内外の給排水工事 / 配管工事
設計施工 / 管理
土木工事の施工 / 管理
など

Off Time

オフも仕事を忘れない若手は業界のトップランナーを目指す

趣味が自転車なので、オフの日にはロードバイクで鹿屋周辺をよく走っています。鹿屋は自転車で走っていて気持ちのいいコースがたくさんあるのですが、走っていると太陽光発電所をよく見かけるので、どうしても自転車を降りてチェックしてしまいますね(笑)。また、日当たりや、日照もそうですが、悪天候の場合は業務に戻ることもあるので、毎日の天候はやはり人一倍に気になります。これも職業柄でしょうね。

当面の目標は電験(第三種電気主任技術者試験)と太陽光発電アドバイザーと、2つの資格の取得です。とくに電験は難易度の高い資格ですが、これらの資格を取得することで、お客様により良質なサービスを提供できる。まだ若い分野の太陽光発電事業において鹿屋で一番になれば、必然的に九州でもトップクラス、さらには全国も視野に入ってくる。会社として太陽光発電事業のトップランナーになるのが夢ですね。

鹿屋の好きなところ I Love Kanoya