プロジェクトと運営のすべてをマネジメントする会社のフロントマン

Tomohiro Matsumoto 松元 智弘 工事部・工事部長|勤続 2年|36歳

close

経営者の意識で全プロジェクトをマネジメント

私の役割は行程管理と労務管理です。行程管理では、人員配置といったアサインから作業進捗といったスケジュール管理まで、あらゆる面でマネジメントしています。一方、労務管理では、積算といっていわゆる見積作成や交渉から、発注先・外注先との渉外や折衝まで、社内外の橋渡し役を担っています。当社における全プロジェクトを管理する立場のため、常に経営者の意識を持って仕事をしています。

プロジェクトの受注は直接発注以外に、官公庁によくあるケースですが、入札による受注があります。予算・行程・作業内容を複数の社と競い合って受注を勝ち取りにいかなければならないため、低い予算を提示することが受注につながると思われがちですが、入札依頼主も事前に積算しているので、低すぎると品質や安全面で不安を招き受注できない。1円単位で受注失注が分かれることもある厳しい世界です。

リスクマネジメントの責任者として現場の安全を守る

他の業界と同じく、私たちの業界でも機械化は進んでいます。でも、プロジェクトの根幹の部分は人間の技術力がなければカバーできない。つまり、人間の労働力に頼る産業、いわゆる労働集約型産業なんです。だからこそ、当社のスタッフはもちろん、発注先や外注先にいたるまで、プロジェクトに関わるすべての人間の技術力を集約してはじめて、クオリティの高い仕事やサービスが提供できるのだと思います。

プロジェクトが完成するまでには、一つひとつ細かなプロセスを経ていきますが、その一つひとつを達成するたびにやりがいを感じますね。人員のアサインや予定外の日程変更など、なかなかスケジュールが組めずに苦労することや壁にぶつかることもありますが、そうしたハードルを乗り越えたときに自身の成長をを実感します。何よりもリスクマネジメントの責任者として、現場の安全を守れたときが一番うれしい瞬間ですね。

松元 智弘 座右の銘

ひとりで見る夢は夢でしかないが誰かと見る夢は現実の一歩だ。

取得資格

  • ・1級土木施工管理技術士
  • ・車両系建設機械
  • ・小型移動式クレーン運転
  • ・地山の掘削及び土止め支保工作業主任者
  • ほか全7資格

担当業務
積算(見積) / 図面製図
原価計算 / 対外折衝
現場監督 / 労務管理
など

Off Time

この仕事の素晴らしさを一人でも多くの若者たちに伝えるために

休日のときでも、車の運転中に施工方法などのアイディアが浮かんできたり、プロジェクトの行程表や人員配置などを考えてしまうことが多いですね。また、旅行に出かけても、変わった建築物や構築物を見つけるたびに気になってチェックしてしまいます。とくに橋梁や道路など地味なものばかりに目が向いてしまうので、家族には煙たがられてしまいます(笑)。よほど仕事が好きなのかもしれませんね。

今考えている目標は、次世代へのバトンタッチ。組織運営や企画立案など、次世代のリーダーに引き継がなければならないと考えています。私の子どもも建設系の業界ですが、くらしのインフラを支えて社会に貢献する私たちの仕事は、とても素晴らしく誇らしい仕事だと自負しています。そんな自分たちの仕事の素晴らしさを、一人でも多くの若者たちに伝えていくのが、私たちの世代の責務だと感じています。

鹿屋の好きなところ I Love Kanoya